今日の夕飯はかつ丼を作ってみることにした、家内は、今日は海老名に居てこっちには来ない。みなみ野の家には俺と息子の二人だけである。息子はいつも勤めから7時過ぎに帰ってくる。余裕を見て5時から準備に取り掛かった。かつ丼のチャレンジは初めてなので、先ず、ネットで作り方を検索してみた。一番最初にヒットした方法を採用することにした。とりあえず、冷蔵庫を開けて材料を確認してみた。えーっと、玉ねぎ、ある。たまご、ある。醤油、オッケー、料理酒、ないや。こいつには、昨日買ったパック入りの日本酒の飲み残しを代用することにした。次は流しの下の引き出しを開け、みりんとだしの素を確認した。材料は主役の「かつ」以外は全部揃っている。みなみ野の駅前のスーパーまで、自転車で買い出しに行った。小さいヒレかつが6枚入った二・九・八のパック入りを買って帰った。かつはサックリさせるため、トースターで暫く焼いてみた。さぁ、調理開始である。炊飯器で米二合を焚きながら、ネットのレシピ通りに、先ずだしを作った。水大匙三杯強、醤油大匙一杯、みりん大匙一杯、酒大匙一杯、砂糖小匙一杯半である。次に、玉ねぎとたまごを冷蔵庫から取り出した。玉ねぎは薄皮を?ぎとり、包丁で四分の一を切り出し、それを薄切りにした。トントントンという具合にはいかなかった。最後にたまご二つを茶碗に割り、菜箸で軽くかき混ぜ、下準備は完了である。フライパンに軽く油を引き、火に掛け、そこに薄切りにした玉ねぎと出しを入れ、中火でブツブツゆうまで加熱した。さらに二分間加熱した後、そこにかつを投入。すかさずたまごを三分の二投入した。時々フライパンを揺すりながら、たまごが完全に固まる前に残りの三分の一を投入した。最後は、二度目に入れたたまごが固まる前に、炊きあがったごはんを丼に盛り、この丼のごはんの上に手早く乗せれば、かつ丼が完成するはずだったが、ごはんの上にきれいに盛れず、グッズグズになってしまった。息子が勤めから帰って来て、グッズグズのかつ丼を二人で食べた。見てくれはともかく、息子は「うまい」と言ってくれた。http://xn—-weu4d8f4a3cc0609ds2vfr5ta0wb.xyz/